コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井潜 ながいひそむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永井潜
ながいひそむ

[生]1876.11.14. 広島
[没]1957.5.17. 藤沢
生理学者。 1902年東京帝国大学医科大学卒業。イギリスフランス,ドイツに留学し生理学を研究。帰国して東京帝国大学助教授,15年教授,34年医学部長となる。また北京大学名誉教授,台北大学医学部長を歴任。性教育問題,人口問題優生学権威著書生命論』『人生論』『結婚読本』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井潜 ながい-ひそむ

1876-1957 明治-昭和時代の生理学者。
明治9年11月14日生まれ。ドイツ,イギリス,フランスに留学,大正4年母校東京帝大の教授。生理学に物理・化学の理論と実験技術を導入,また優生学に関心をもち民族衛生学会を創立。昭和12年退官。台北帝大の教授などをつとめた。昭和32年5月17日死去。80歳。広島県出身。著作に「生物学哲学との境」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井潜の関連キーワード石川 知福暉峻 義等石川知福昭和時代高橋石霞暉峻義等明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android