コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川貞政 いしかわ さだまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川貞政 いしかわ-さだまさ

1575-1657 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)3年生まれ。石川光政の子。豊臣秀吉馬廻(うままわり)から徳川家康に属し,慶長5年の上杉攻め,関ケ原の戦いに参加。のち豊臣秀頼に近侍する。19年方広寺の鐘銘事件片桐且元(かつもと)成敗の命をうけるが,且元に内通大坂の陣には徳川秀忠の配下として参戦した。明暦3年9月6日死去。83歳。姓は石河(いしこ)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川貞政の関連キーワード石河勝政

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android