コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石梁仁恭 せきりょう にんきょう

1件 の用語解説(石梁仁恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石梁仁恭 せきりょう-にんきょう

1266-1335* 元(げん)(中国)の僧。
南宋の咸淳(かんじゅん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。正安(しょうあん)元年(1299)一山一寧(いっさん-いちねい)にしたがい来日。信濃(しなの)(長野県)慈雲寺,慈寿寺,筑前(ちくぜん)(福岡県)聖福(しょうふく)寺,鎌倉寿福寺,京都建仁寺の住持となった。建武(けんむ)元年12月18日死去。69歳。台州(浙江(せつこう)省)出身。諡号(しごう)は慈照慧灯禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石梁仁恭の関連キーワードナポリ王国西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城パートタイム労働者戦争孤児衡山神学大全吾妻鏡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone