コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石槨 セッカク

デジタル大辞泉の解説

せっ‐かく〔セキクワク〕【石×槨】

石でつくった、棺を入れる外箱。日本では古墳時代にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっかく【石槨】

石材でつくった棺ひつぎや副葬品を納める室。中国東北部の古代の墓に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石槨の言及

【石棺】より

…死者を葬るのに用いられた石製の容器,あるいは構築物をさす。厳密には遺体を直接納める石製の容器をさすべきであるが,広く石棺と呼ばれているものの中には,遺体を入れた木棺を納める〈石槨(せつかく)〉,火葬骨や改葬骨を収納する〈石製蔵骨器〉,あるいは蔵骨器を入れる〈石櫃(せきひつ)〉など,本来は呼び分けられるべきものも含まれている場合が少なくない。また,箱式石棺(シスト)のごとく,土壙内に自然の板石を組み合わせただけで,多くの場合,底石もない小構築物も石棺と称されている。…

※「石槨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石槨の関連キーワードキトラ古墳(亀虎古墳)大阪府羽曳野市野々上観音塚古墳〈大阪府〉白河舟田亀虎古墳・キトラ古墳鬼の俎・鬼の爼石のカラト古墳間口洞窟遺跡伯耆一宮経塚寝屋川[市]中山荘園古墳カラスク文化埴科古墳群柳本古墳群上円下方墳花山塚古墳懿徳太子墓束明神古墳コクレ文化永泰公主墓

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石槨の関連情報