コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油ガス せきゆガスpetroleum gas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油ガス
せきゆガス
petroleum gas

石油系天然ガス。一般には幾種類かの炭化水素の混合物であって,地下では単独のガス鉱床として存在する場合,油層中に原油と併存する場合,原油に溶解した状態で存在する場合,油層水の中に溶解して存在する場合とがある。組成は原油に類似している。地上に取出した条件のもとでは気体であるが,適当な温度条件下で圧縮すると成分の一部は容易に液化する (液化石油ガス) 。油層中に原油と併存または溶解して存在するガスは,それ自身が採取の対象となるだけでなく,原油生産のための排油エネルギーとして重要な役割をもっている。通常,天然ガスという場合には石油ガスのことを意味する場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石油ガスの関連情報