コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油タンク せきゆタンク

1件 の用語解説(石油タンクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆタンク【石油タンク】

原油や石油製品(ガソリン,灯油など)を貯蔵するための液体貯槽。石油備蓄基地などでみられるのは原油貯槽であり,精油所などでは石油製品用の貯槽が設置されている。円筒形で,屋根の形は平板,丸形,円錐形などである。安全性の面からは火災,地震,台風などによるタンクの破損に対して設計・建設上十分な考慮が払われている。JIS B 8501〈鋼製石油貯そうの構造(全溶接製)〉に規定があるほか,ボイラーなどに使用する燃料油用のタンクについては,消防法による貯蔵容量,設置場所,耐震,耐風圧,耐火災に関する詳細な規定もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石油タンクの関連キーワード石油油槽マリンホースキグナス石油三菱商事石油日米礦油日本海石油北日本石油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石油タンクの関連情報