石油タンク(読み)せきゆタンク

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆタンク【石油タンク】

原油や石油製品(ガソリン,灯油など)を貯蔵するための液体貯槽。石油備蓄基地などでみられるのは原油貯槽であり,精油所などでは石油製品用の貯槽が設置されている。円筒形で,屋根の形は平板,丸形,円錐形などである。安全性の面からは火災,地震,台風などによるタンクの破損に対して設計・建設上十分な考慮が払われている。JIS B 8501〈鋼製石油貯そうの構造(全溶接製)〉に規定があるほか,ボイラーなどに使用する燃料油用のタンクについては,消防法による貯蔵容量,設置場所,耐震,耐風圧,耐火災に関する詳細な規定もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せきゆ‐タンク【石油タンク】

〘名〙 (タンクはtank) 石油をたくわえておく大きな容器。
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)四月一一日「石油タンク設置に就ては、目下世上可否の説紛紛たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石油タンクの関連情報