コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油探鉱 せきゆたんこうexploration of petroleum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油探鉱
せきゆたんこう
exploration of petroleum

石油天然ガス鉱床を見つける作業。石油や天然ガスの鉱床堆積岩中の特定箇所に存在する。その探鉱は対象地域が陸上の場合,まず衛星画像や空中写真を使って大局的に地質構造を把握する。次に広域の概査に適した磁力探査重力探査地震探査を利用して,地下の地質構造を推定する。これと平行して地表の地質調査や層序試錐(→試錐探鉱)を行ない,地球物理学的情報を地質学的情報に翻訳する。これらの調査の結果,鉱床が存在する可能性が高いとみなされた地点に試掘井(→坑井)を掘削し,鉱床存在の有無を確かめる。鉱床発見後は,鉱床の経済性を評価する計測が必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

石油探鉱の関連キーワードジョセフ・A. カッシュマンテキサス・インスツルメンツアップストリームカタール国営石油頸城油田コア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android