コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石潤基 せきじゅんき

3件 の用語解説(石潤基の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石潤基
せきじゅんき

「ソク・ユンギ (石潤基)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せきじゅんき【石潤基 Sŏk Yun‐gi】

1929‐89
朝鮮の作家。慶尚南道の生れ。1947年ソウル成均館大学で学ぶ。運送労働,記者生活をへて,50年のソウル解放時に朝鮮人民軍に入隊,朝鮮戦争後は平壌で言論出版部門の任に当たりながら小説を執筆。代表作は朝鮮戦争をテーマとした長編《時代の誕生》(1部1964,2部1966),中編《戦士たち》(1960),抗日武装闘争に立ちあがる青年群像を描いた《咲き乱れるひまわり》(1970)のほか,短編《幸福》など。金日成賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石潤基
せきじゅんき / ソクユンギ
(1929―1989)

北朝鮮の作家。慶尚北道(けいしょうほくどう/キョンサンプクド)生まれ。1947年成均館大学で学ぶ。運送業、記者などの職につきながら反米救国闘争に参加。50年ソウル解放時に朝鮮人民軍に入隊、戦後は平壌(ピョンヤン)で言論部門に携わり、小説を書く。最高人民会議常設会議委員、朝鮮作家同盟委員長、4・15文学創作団の団長を務め、金日成賞を受けた。代表作に、祖国解放戦争をテーマとした長編『時代の誕生』(一部・1964、二部・1966)、中編『戦士たち』(1960)、抗日武装闘争に立ち上がった青春群像を描いた『咲き乱れるひまわり』(1970)、『春雷』(1985)のほか、千里馬(チョンリマ)時代の新しい生活観を映す短編『幸福』(1963)など。[金 学 烈]
『卞宰洙訳『戦士たち』(1979・朝鮮青年社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石潤基の関連キーワード韓雪野閑麗水道金奎植慶尚南道延白平野昌原金天海許南麒朴春琴慶尚道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone