コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石潤基 せきじゅんきSŏk Yun‐gi

世界大百科事典 第2版の解説

せきじゅんき【石潤基 Sŏk Yun‐gi】

1929‐89
朝鮮の作家。慶尚南道の生れ。1947年ソウルの成均館大学で学ぶ。運送労働,記者生活をへて,50年のソウル解放時に朝鮮人民軍に入隊,朝鮮戦争後は平壌で言論出版部門の任に当たりながら小説を執筆。代表作は朝鮮戦争をテーマとした長編《時代の誕生》(1部1964,2部1966),中編《戦士たち》(1960),抗日武装闘争に立ちあがる青年群像を描いた《咲き乱れるひまわり》(1970)のほか,短編《幸福》など。金日成賞を受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石潤基
せきじゅんき

ソク・ユンギ(石潤基)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石潤基
せきじゅんき / ソクユンギ
(1929―1989)

北朝鮮の作家。慶尚北道(けいしょうほくどう/キョンサンプクド)生まれ。1947年成均館大学で学ぶ。運送業、記者などの職につきながら反米救国闘争に参加。50年ソウル解放時に朝鮮人民軍に入隊、戦後は平壌(ピョンヤン)で言論部門に携わり、小説を書く。最高人民会議常設会議委員、朝鮮作家同盟委員長、4・15文学創作団の団長を務め、金日成賞を受けた。代表作に、祖国解放戦争をテーマとした長編『時代の誕生』(一部・1964、二部・1966)、中編『戦士たち』(1960)、抗日武装闘争に立ち上がった青春群像を描いた『咲き乱れるひまわり』(1970)、『春雷』(1985)のほか、千里馬(チョンリマ)時代の新しい生活観を映す短編『幸福』(1963)など。[金 学 烈]
『卞宰洙訳『戦士たち』(1979・朝鮮青年社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石潤基の関連キーワードキョンサンプクド

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android