石狩湾新港

世界大百科事典内の石狩湾新港の言及

【石狩[市]】より

…その後漁業が振るわなくなって,水田を中心とする農業地帯となり,第2次世界大戦後は砂丘地への水田の造成も進んだ。1970年ごろからは札幌の近郊地として南西部に住宅団地の造成が進み,急速な市街化がみられ,また西部には石狩湾新港工業地域が建設された。【岡本 次郎】。…

【石狩湾】より

…とくに積丹半島先端部の沖は,石狩海盆が入りこんでいて急深を示すが,湾奥は石狩平野に続く砂浜で,ゆるやかに深度を増す。砂浜は海水浴場になるが,湾の中央部に,掘込みと埋立てによる石狩湾新港が1973年着工で建設され,82年開港され,引き続き整備開発が進められている。札幌の中心部から15kmの位置にあり,長距離海運の最短ルートとなる日本海に面し,急増する札幌圏の物流需要に応え,港湾の背後に建設された工業流通地区での企業の集積は,全国でも有数とされている。…

※「石狩湾新港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石狩湾新港の関連情報