コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石窟美術 せっくつびじゅつart of cave temple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石窟美術
せっくつびじゅつ
art of cave temple

石窟寺院の美術。窟院美術,千仏洞美術ともいう。先史時代の洞窟美術は含まない。インドに起源し,中央アジア,中国など広い地域に分布する。仏教関係ではチャイティヤ (祠堂) 窟とビハーラ (僧房) 窟の2形式があり,ほかにもヒンドゥー教,ジャイナ教関係のものがある。壁画を施した石窟もあり,内部の彫刻には塑像もあるが,石彫像が圧倒的に多い。美術上主要な石窟にはインドのアジャンタエローラ石窟,中央アジアのキジル千仏洞,中国の敦煌,雲崗竜門石窟などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石窟美術の関連キーワードバーカータカ朝中国美術

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android