コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英玄武岩 せきえいげんぶがんquartz-basalt

岩石学辞典の解説

石英玄武岩

石英の斑晶を含む玄武岩.玄武岩中に石英があることは岩石学に顕微鏡が導入される以前から知られていた.ディラーは米国カリフォルニア州のシンダー・コーン(Cinder Cone)の岩石に関連して石英玄武岩という名称を最初に使い,この石英はマグマ性鉱物でシンダー・コーンの玄武岩は混成作用を受けた岩石で石英は捕獲結晶であると推測した[Diller : 1887].石英玄武岩は石英を含む玄武岩と定義され,この石英は熔蝕(corroded)されオージャイトの微結晶で囲まれた捕獲結晶か,少量のカリ長石とともに鉱物粒間を埋めるマグマ性物質である[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

石英玄武岩の関連キーワード石英ドレライトサカラヴァ岩流紋玄武岩磐梯岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石英玄武岩の関連情報