コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英玄武岩 せきえいげんぶがん quartz-basalt

1件 の用語解説(石英玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

石英玄武岩

石英の斑晶を含む玄武岩.玄武岩中に石英があることは岩石学に顕微鏡が導入される以前から知られていた.ディラーは米国カリフォルニア州のシンダー・コーン(Cinder Cone)の岩石に関連して石英玄武岩という名称を最初に使い,この石英はマグマ性鉱物でシンダー・コーンの玄武岩は混成作用を受けた岩石で石英は捕獲結晶であると推測した[Diller : 1887].石英玄武岩は石英を含む玄武岩と定義され,この石英は熔蝕(corroded)されオージャイトの微結晶で囲まれた捕獲結晶か,少量のカリ長石とともに鉱物粒間を埋めるマグマ性物質である[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石英玄武岩の関連キーワード流紋玄武岩粗面玄武岩アル玄武岩角閃石玄武岩カルシクレース玄武岩サカラヴァ岩石英ソレアイト石英ドレライト玻璃玄武岩マグマ玄武岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石英玄武岩の関連情報