コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石蔵卯平 いしくら うへい

1件 の用語解説(石蔵卯平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石蔵卯平 いしくら-うへい

1836-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)7年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の商人で,対馬(つしま)(長崎県)府中藩の運送御用達をつとめ,尊攘派を援助。慶応元年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の奇兵隊にはいる。野村望東の姫島脱出に尽力。九州で同志をつのるさなかの慶応4年3月4日天草で暗殺された。33歳。変名は小寺藤兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石蔵卯平の関連キーワード戊辰戦争堀直虎郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone