コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒道提 いしぐろ どうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石黒道提 いしぐろ-どうてい

?-? 室町時代の茶人。
畠山政長(1442-93)につかえ,奈良千福寺の代官をつとめる。のち京都千本にすみ,村田珠光(じゅこう)に師事。米40石がとれる田をうってかった茶つぼを足利義政が所望し,東山御物のひとつとして,「四十石」の銘をつけたという。通称は千本道提。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石黒道提の関連キーワード室町時代畠山政長

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android