砂川泰忠(読み)すながわ やすただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂川泰忠 すながわ-やすただ

1838-1911 明治時代の事業家。
天保(てんぽう)9年生まれ。武蔵(むさし)砂川村(東京都立川市)の名主。明治2年玉川上水で商品輸送のを往来させる要望を政府に出願。3年許可され,2年間羽村-大木戸間で舟がかよった。のち北多摩郡長。明治44年7月27日死去。74歳。通称は源五右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android