コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂沢クラ すなざわ クラ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂沢クラ すなざわ-クラ

1897-1990 昭和時代のアイヌ文化伝承者。
明治30年10月27日生まれ。アイヌ語を母語としてそだち,大正7年結婚。英雄叙事詩ユーカラを観光客などを相手に実演し,アイヌ刺繍(ししゅう)や花ござをたくみにつくった。「シ カッケマ(真の淑女)」として敬愛された。昭和58年北海道文化財保護功労者。平成2年9月29日死去。92歳。旧姓は川村。自伝に「ク スクップ オルシペ―私の一代の話」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

砂沢クラの関連キーワード石山キツエ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android