コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂沢ビッキ すなざわ ビッキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂沢ビッキ すなざわ-ビッキ

1931-1989 昭和時代後期の彫刻家。
昭和6年3月6日生まれ。モダンアート協会展で新人賞受賞。同展会員となったが,脱会して郷里の北海道にもどり,巨木を素材に独特の木彫作品を制作。「全国アイヌ語る会」をひらき,アイヌ民族旗をつくった。平成元年1月25日死去。57歳。道立農業講習所修了。本名は恒雄。作品に「四つの風」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

砂沢ビッキの関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android