コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂漠舗装 さばくほそうdesert pavement

岩石学辞典の解説

砂漠舗装

砂漠の条件下で細かい粒子が風食wind erosion)されて,表面に粗い礫や石が残ったもの[Roinson : 1936].

砂漠舗装

細かい破片が一掃され移動された礫[Pettijohon : 1949].砂礫地表にある場合に乾食(deflation)によって風で細粒物が飛ばされた後に地表に礫が残されモザイク状となり,表面は風摩によって平坦になる.これを砂漠舗装という[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

砂漠舗装の関連キーワード砂漠舗石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android