コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂蟹 スナガニ

デジタル大辞泉の解説

すな‐がに【砂×蟹】

スナガニ科のカニ。甲はほぼ四角形で、幅約3センチ。眼柄は長く視力は鋭敏。体色は周囲の色によって変わる。砂浜高潮線より上に穴を掘ってすむ。岩手県以南に分布 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すながに【砂蟹】

海産のカニ。甲はほぼ正方形で、幅3センチメートル 内外。普通は砂色だが、日照などにより赤褐色まで変化する。高潮線付近の砂泥地に穴を掘ってすむ。本州以南、台湾・中国の砂浜に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂蟹 (スナガニ)

学名:Ocypode stimpsoni
動物。スナガニ科のカニ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

砂蟹の関連キーワード赤褐色正方形日照砂色海産内外

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android