コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破傷風トキソイド ハショウフウトキソイド

デジタル大辞泉の解説

はしょうふう‐トキソイド〔ハシヤウフウ‐〕【破傷風トキソイド】

破傷風菌のつくる毒素を無毒化したトキソイド。予防接種として注射し、免疫をつくる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の破傷風トキソイドの言及

【破傷風】より

…2回目注射後は約1年半,3回目以後は約5年間は免疫がある。それ以後は受傷時破傷風トキソイドを0.5ml注射すればよいが,傷の正しい治療は必要である。DTPワクチンを注射しなかった者は沈降破傷風トキソイドを0.5mlずつ1月間隔で2回,さらに6~12月後第3回目を注射する。…

【ワクチン】より

…このように無毒化されてはいるが,動物に抗体産生の刺激を与える抗原性をもつ部分を保持している変性毒素をトキソイドと呼んでいる。ジフテリアトキソイド,破傷風トキソイドがその典型的な例であり,ワクチンの一つとして実用になっている。同様の原理で細菌,ウイルスを殺すが抗原性を保たせた死菌(不活化)ワクチン,あるいは病原性を種々の方法でなくした生ワクチンが用いられている。…

※「破傷風トキソイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

破傷風トキソイドの関連キーワード混合ワクチンワクチン破傷風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android