破田村(読み)わりでんむら

百科事典マイペディア「破田村」の解説

破田村【わりでんむら】

尾張国葉栗(はぐり)郡内にあった中世村落。現,愛知県一宮市木曾川町の内割田・外割田を遺称地とし,その一帯に比定される。松枝(まつえだ)のうちで,松枝荘破田郷,破田荘ともみえ,1421年以降は破田村とのみみえる。葉栗郡松枝荘は平家没官領で,源頼朝から妹一条能保室へ与えられ,能保の娘で西園寺公経室全子を経て西園寺家領となった。1220年兵部卿白川仲資王家領北山の地と交換され,以後松枝荘領家職は白川家(伯家)に相伝された。1382年白川業定王は守護による半済(はんぜい)と守護被官による押妨を避けるため,松枝荘破田郷をいったん大徳寺如意庵に寄進,その後大徳寺との契約通り半済分を返却された。また年貢の収納は同寺が請け負った。だが半済は再び実施されて,1388年土岐満貞から半済分が大徳寺如意庵に寄進され,1409年には白川家が残る権益を同庵に売却。破田郷領家職はすべて大徳寺の手に入り,1427年には守護不入の地と認められた。大徳寺領としての破田村は1484年まで確認される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「破田村」の解説

わりでんむら【破田村】

尾張国葉栗(はぐり)郡の中世村落。現在,愛知県葉栗郡木曾川町に内割田・外割田の大字名がある。1323年(元亨3)に〈破田荘〉とみえるのが史料上の初見。松枝荘内破田郷であったが,88年(元中5∥嘉慶2)に初めて破田村とも記され,1421年(応永28)以降は破田村に統一された。平家没官領松枝保(荘)は,源頼朝の妹一条能保室から西園寺公経室全子(能保女)を経て公経に伝えられたが,1220年(承久2)仲資王家領北山の地と交換され,以後伯家(白川家)に相伝された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android