コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破田村 わりでんむら

百科事典マイペディアの解説

破田村【わりでんむら】

尾張国葉栗(はぐり)郡内にあった中世の村落。現,愛知県一宮市木曾川町の内割田・外割田を遺称地とし,その一帯に比定される。松枝(まつえだ)荘のうちで,松枝荘破田郷,破田荘ともみえ,1421年以降は破田村とのみみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わりでんむら【破田村】

尾張国葉栗(はぐり)郡の中世村落。現在,愛知県葉栗郡木曾川町に内割田・外割田の大字名がある。1323年(元亨3)に〈破田荘〉とみえるのが史料上の初見。松枝荘内破田郷であったが,88年(元中5∥嘉慶2)に初めて破田村とも記され,1421年(応永28)以降は破田村に統一された。平家没官領松枝保(荘)は,源頼朝の妹一条能保室から西園寺公経室全子(能保女)を経て公経に伝えられたが,1220年(承久2)仲資王家領北山の地と交換され,以後伯家(白川家)に相伝された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報