コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破田村 わりでんむら

2件 の用語解説(破田村の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

破田村【わりでんむら】

尾張国葉栗(はぐり)郡内にあった中世の村落。現,愛知県一宮市木曾川町の内割田・外割田を遺称地とし,その一帯に比定される。松枝(まつえだ)荘のうちで,松枝荘破田郷,破田荘ともみえ,1421年以降は破田村とのみみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わりでんむら【破田村】

尾張国葉栗(はぐり)郡の中世村落。現在,愛知県葉栗郡木曾川町に内割田・外割田の大字名がある。1323年(元亨3)に〈破田荘〉とみえるのが史料上の初見。松枝荘内破田郷であったが,88年(元中5∥嘉慶2)に初めて破田村とも記され,1421年(応永28)以降は破田村に統一された。平家没官領松枝保(荘)は,源頼朝の妹一条能保室から西園寺公経室全子(能保女)を経て公経に伝えられたが,1220年(承久2)仲資王家領北山の地と交換され,以後伯家(白川家)に相伝された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

破田村の関連キーワード長谷川秀一尾張尾張国郡司百姓等解文ぐりぐりグリセロールハグ年魚市村落址はぐ・る右馬允家安

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone