コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平家没官領 へいけもっかんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平家没官領
へいけもっかんりょう

平安時代末期,平家の滅亡 (1185) の際に朝廷に没収された平家一門の所領。平家一門の所領 (荘園本家職〈ほんけしき〉,領家職が多い) は全国五百余ヵ所に及ぶといわれたが,いったん朝廷に帰したあと,平家追討の功により,その大部分源頼朝に与えられ,鎌倉幕府の収入源の重要部分となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいけ‐もっかんりょう〔‐モツクワンリヤウ〕【平家没官領】

平家滅亡の際、朝廷に没収された平家一門の所領および所職(しょしき)。大部分が平家追討の勲功として源頼朝に与えられ、鎌倉幕府の重要な経済的基盤となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平家没官領【へいけもっかんりょう】

1183年(寿永2年)平家追討にともない朝廷(後白河(ごしらかわ)院)に没収された平家一門の所領。平家の家領500余ヵ所,多くは荘園の本家職・領家職であった。当初平家追討の恩賞として源義仲(よしなか)・行家(ゆきいえ)らに給与,のち彼らが朝敵として追討後,回収されて源頼朝に与えられた。
→関連項目人吉荘福原没官領

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいけもっかんりょう【平家没官領】

平家追討とともに朝廷に没収された平家の所領。大化前代いらい国家反逆者の財産を没収する(没官)権限を持っていた朝廷は,後白河院の治世1183年(寿永2),都落ちとともに朝敵とされた平家の家領500ヵ所余りを没官領として没収した。これらは多くが本家職や領家職から成っており,朝廷(後白河院)の手に帰したのち,平家追討に功のあった源氏の諸将に改めて恩賞として給与された。当初は平家追放に功のあった源義仲・行家らに給与されたが,最終的には義仲・行家ともに朝敵として追討されたので回収され,源頼朝に与え直された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へいけもっかんりょう【平家没官領】

1183年、平家都落ちを契機として朝廷に没収された平家一門の所領。西国諸国にある国衙こくが領・荘園が主なもの。翌年春までに大部分の支配権が源頼朝に与えられ、鎌倉幕府の関東御領を形成するに至った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平家没官領
へいけもっかんりょう

「へいけぼっかんりょう」とも読む。鎌倉時代の初頭、平家滅亡の際、朝廷に没収された平家一門の所領、所職(しょしき)。『平家物語』には、平家一門の荘園(しょうえん)、所領は全国で500余か所に及んだと記すが、その内容は荘園の本家職(ほんけしき)、領家(りょうけ)職、預所(あずかりどころ)職などが多かった。平家が没落するといったんそれらは朝廷に没収された。初め朝廷はその一部を源(木曽(きそ))義仲(よしなか)や源行家(ゆきいえ)に与えたが、やがて彼らも滅亡すると、源頼朝(よりとも)に平家追討の勲功としてその大部分を給与した。その所領は、鎌倉幕府の支配権が強く及ぶ関東御領(ごりょう)と称されるものの中核をなし、幕府のもっとも重要な経済的基盤となった。ただし、平家没官領のなかでも、平頼盛(よりもり)(清盛の異母弟、母は池禅尼(いけのぜんに))の所領をはじめ幕府に帰属しなかったものがいくらか存在する。[田中文英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平家没官領の関連キーワード平氏政権武藤資頼関東御領平頼盛支配権福岡荘加徴米破田村沙汰人闕所地頭契機

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android