硫化水素ガス中毒(読み)りゅうかすいそがすちゅうどく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化水素ガス中毒
りゅうかすいそがすちゅうどく

硫化水素の毒性によるガス中毒で、肺刺激作用、呼吸酵素抑制作用、呼吸中枢麻痺(まひ)作用がみられる。硫化水素は腐卵臭あるいは硫黄(いおう)泉臭をもつ無色のガスで、人絹スフ製造、硫化鉱精錬、石油精製、精糖などの工場のほか、下水管内などでも発生する。10ppmで目の粘膜を刺激して角膜炎などをおこし、20~40ppmで呼吸器粘膜を刺激して咳(せき)や痰(たん)などがみられる。500ppm以上の高濃度のガスを吸入すると肺炎や肺水腫(すいしゅ)がみられ、呼吸困難や呼吸麻痺をおこして死に至る。一般に、呼吸器を経て体内に吸収された硫化水素は、速やかに酸化されて硫酸塩となり、尿中に排泄(はいせつ)されるが、この解毒能の限界を超えた高濃度のガスを吸入すると、突然に呼吸麻痺などがおこる。労働衛生上の許容濃度は10ppmである。[重田定義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android