コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜外モルヒネ投与法 こうまくがいモルヒネとうよほう

1件 の用語解説(硬膜外モルヒネ投与法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬膜外モルヒネ投与法
こうまくがいモルヒネとうよほう

癌性疼痛の治療法の一つ。脊髄に近い硬膜外に細いチューブを挿入してモルヒネを注入し,神経を麻痺 (まひ) させて鎮痛効果を得る方法。1日の注入で 12時間以上効果が続く,筋肉注射などに比べて1日に使用する薬の量が少なくて済む,何回でも繰り返し投与できるなどの利点があるが,入院が必要で入浴・外出・外泊も制限される,手技が難しいなどの欠点もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬膜外モルヒネ投与法の関連キーワード脊髄電気刺激療法硬膜慢性硬膜外血腫硬膜外腔硬膜外内視鏡硬膜外内視鏡手術硬膜外ブロック硬膜外麻酔難治性疼痛硬膜下血腫 (subdural hematoma)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone