コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外泊 ガイハク

3件 の用語解説(外泊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐はく〔グワイ‐〕【外泊】

[名](スル)平常寝泊まりしている所以外に泊まること。「医者の許可を得て外泊する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外泊
そとどまり

愛媛県南部、南宇和(みなみうわ)郡愛南(あいなん)町の一地区で、宇和海沿岸の漁村。強い西風を防ぐ丈高い石垣を巡らした民家が傾斜地に並ぶ「石垣の村」として有名。ハマチの養殖が盛ん。民宿などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外泊の言及

【西海[町]】より

…中心集落は半島基部にある船越。半島北西岸にある外泊(そとどまり)は冬の季節風を防ぐため高い石垣で囲まれ,石垣集落として著名。北西海上に浮かぶ鹿島は江戸時代,宇和島藩主の狩場で,現在は野生のサル,シカが生息し,亜熱帯植物が繁茂する。…

※「外泊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外泊の関連情報