コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率標本抽出(読み)かくりつひょうほんちゅうしゅつ(英語表記)probability sampling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確率標本抽出
かくりつひょうほんちゅうしゅつ
probability sampling

標本抽出 (サンプリング) の一つの方法で,全体を構成している要素,つまり調査において情報が収集される単位について,それぞれが選び出される確率があらかじめ知られているものをいう。サンプリング調査の結果から全体を推定することができるのは,標本の抽出がこの確率標本抽出である場合に限られる。その原型は無作為標本抽出 (ランダム・サンプリング) であり,この方法だと,各要素の抽出率は等確率となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android