コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率標本抽出 かくりつひょうほんちゅうしゅつprobability sampling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確率標本抽出
かくりつひょうほんちゅうしゅつ
probability sampling

標本抽出 (サンプリング) の一つの方法で,全体を構成している要素,つまり調査において情報が収集される単位について,それぞれが選び出される確率があらかじめ知られているものをいう。サンプリング調査の結果から全体を推定することができるのは,標本の抽出がこの確率標本抽出である場合に限られる。その原型は無作為標本抽出 (ランダム・サンプリング) であり,この方法だと,各要素の抽出率は等確率となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android