コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁性インキ じせいインキmagnetic ink

世界大百科事典 第2版の解説

じせいインキ【磁性インキ magnetic ink】

印刷によって磁性記録層をつくるためのインキ。1950年代にアメリカで小切手の番号を自動読取りする目的で開発された。凸版およびオフセット印刷用のインキがあるが,インキ中に,元来インキ用顔料としての適性のないγ磁性酸化鉄の微粒子を多量に配合しているため,印刷作業性は悪い。70年代には,各種カード類,貯金通帳などに帯状の磁性記録部分を印刷するようになったが,これには例外なくスクリーン印刷方式が用いられ,印刷後,乾燥したインキ表面にカレンダーをかけて平滑にしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

磁性インキの関連キーワード磁気インキ文字読取り装置

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android