磁性インキ(読み)じせいインキ(英語表記)magnetic ink

世界大百科事典 第2版の解説

じせいインキ【磁性インキ magnetic ink】

印刷によって磁性記録層をつくるためのインキ。1950年代にアメリカで小切手の番号を自動読取りする目的で開発された。凸版およびオフセット印刷用のインキがあるが,インキ中に,元来インキ用顔料としての適性のないγ磁性酸化鉄微粒子を多量に配合しているため,印刷作業性は悪い。70年代には,各種カード類,貯金通帳などに帯状の磁性記録部分を印刷するようになったが,これには例外なくスクリーン印刷方式が用いられ,印刷後,乾燥したインキ表面にカレンダーをかけて平滑にしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じせい‐インキ【磁性インキ】

〘名〙 (インキはink) 酸化鉄の粉末を含む印刷インキ。印刷物に磁気信号を記録することができ、読みとり機にかければ種々の高速処理が可能。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android