コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気共鳴吸収 じききょうめいきゅうしゅうmagnetic resonance absorption

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気共鳴吸収
じききょうめいきゅうしゅう
magnetic resonance absorption

磁気モーメントをもつ原子,分子,核子などのエネルギー準位は磁場中ではゼーマン効果により分離して,それぞれの成分はエネルギー差に対応するラーモア振動数で歳差運動をしている (→ラーモアの歳差運動 ) 。静磁場と垂直方向にラーモア振動数と同じ周波数の高周波磁場を加えて,エネルギー準位の間に共鳴的なエネルギー吸収を起させる現象を磁気共鳴吸収と総称する。電子スピンの磁気モーメントによるものは,常磁性共鳴強磁性共鳴反強磁性共鳴フェリ磁性共鳴などと呼ばれ,核スピンによるものは核磁気共鳴と呼ばれる。原子線,分子線を用いる原子線磁気共鳴,分子線磁気共鳴もある。さらに,これらの共鳴を組合せた二重共鳴の方法もある。現在,物性物理学の広範な分野で物質を微視的な立場から探究する方法として利用されている。医学,考古学などへの応用もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

磁気共鳴吸収の関連キーワードパーセル(Edward Mills Purcell)ブロック(Felix Bloch)フェリックス ブロッホケミカルバイオロジー核磁気共鳴分析法ブロッホ方程式電子スピン共鳴有機化学分析核磁気共鳴像イオン結晶FTNMR岡村 俊彦磁気化学分子構造配座解析分光化学結晶構造エチル基久保亮五磁気緩和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android