コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反強磁性共鳴 はんきょうじせいきょうめいantiferromagnetic resonance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反強磁性共鳴
はんきょうじせいきょうめい
antiferromagnetic resonance

反強磁性体電子スピン共鳴。反強磁性体は互いに逆を向いて,同じ大きさの磁気モーメントより成る2つの部分格子から構成されているが,この各格子の磁気モーメントは,それぞれもう一方の部分格子からの分子場 HE とその磁気モーメントの異方性磁場 HA の合成磁場のまわりを歳差運動する。振動周波数 の高周波磁場を外部より加えると,2つの磁気モーメントが完全に反平行でないために共鳴的にエネルギーを吸収する。この現象を反強磁性共鳴と呼び,分子場や異方性磁場の大きさを決定することに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

反強磁性共鳴の関連キーワードフェリ磁性共鳴磁気共鳴吸収スピン共鳴永宮健夫

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android