磁気探傷法(読み)じきたんしょうほう(英語表記)magnetic inspection; magnetic flaw detection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気探傷法
じきたんしょうほう
magnetic inspection; magnetic flaw detection

非破壊検査法の一つ。鉄鋼材料のような強磁性体を磁化すると,欠陥のある部分には漏洩磁束が生じ磁極ができる現象を利用して強磁性鋼の表面および表層 (表面より 3mm以内) の欠陥を検出する方法。漏洩磁束のある部分に磁粉を吸着させ,磁粉が描く模様から欠陥を検知する磁粉探傷法が最も普及している。このほかに電磁誘導法 (探査コイル法) ,磁電変換素子法 (磁場測定探傷法) ,磁気記録探傷法,(マグネトグラフィー) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐たんしょうほう〔‐タンシヤウハフ〕【磁気探傷法】

磁気を利用して鉄製品などの損傷部分を調べる方法。製品全体を磁化し、鉄粉をふりかけて生じる磁粉模様によって損傷部を知る。磁粉探傷法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきたんしょうほう【磁気探傷法】

磁気を利用して金属材料の欠陥を調べる方法。材料を磁化し、これに鉄粉を振りかけて生じた磁粉の模様で傷を見つけたりするもの。磁気テープを材料上に置く方法もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android