コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨上ヶ原の合戦 すりあげがはらのかっせん

1件 の用語解説(磨上ヶ原の合戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磨上ヶ原の合戦
すりあげがはらのかっせん

天正 17 (1589) 年6月5日,陸奥国磐梯山の南麓,会津磨上ヶ原 (摺上ヶ原) で行われた米沢城主伊達政宗と会津黒川城主蘆名義広との合戦。その結果,勝利を得た政宗は南奥羽の覇権を確立し,一方敗れた義広は,同月6日黒川城 (のちの若松城) を捨てて常陸へ走り,蘆名氏の滅亡を招来した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磨上ヶ原の合戦の関連キーワード心前汝源令見先負ドゥーマボストーク貿易記念日残留孤児・婦人訴訟判決神戸大空襲お愛の方大須賀康高

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone