コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯原 いそはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯原
いそはら

茨城県北東部,北茨城市の中心地。旧町名。 1956年近隣町村と合体して北茨城市となる。常磐線開通により炭鉱町として発展した。現在は工業団地,住宅団地が造成される。国道6号線に沿いに詩人野口雨情の生家がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕磯原(いそはら)


茨城県北茨城(きたいばらき)市の中心地区。磯原町が1956年(昭和31)近隣2町3村と合併、北茨城市となる。現在、町名冠称として残る。常磐(じょうばん)炭田とともに発展した商業地域。大規模な工業団地が造成された。景勝地の天妃(てんぴ)山、野口雨情(のぐちうじょう)の生家がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯原
いそはら

茨城県北茨城市東部の一地区。旧磯原町。1956年(昭和31)大津町、平潟(ひらかた)町ほか3村と合併して市制施行し、茨城市と称したが、ただちに北茨城市と改称。大北川河口に沿う。JR常磐(じょうばん)線磯原駅を中心に商店街をなし、国道6号が東側を通り、西側に常磐自動車道北茨城インターチェンジがある。常磐炭田(1971年閉鎖)の開発で発展した北茨城市の中心地。磯原工業団地があり、多数の企業が進出した。河口に天妃(てんぴ)山の景勝地と、海水浴場、詩人の野口雨情(うじょう)の生家がある。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磯原の言及

【北茨城[市]】より

…茨城県北東端の市。1956年磯原,平潟,大津の3町と周辺3村が合体,市制。人口5万2074(1995)。…

※「磯原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

磯原の関連キーワード北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館茨城県北茨城市磯原町磯原花園花貫県立自然公園野口雨情生家資料館茨城県北茨城市北茨城[市]北茨城(市)野口 雨情野口 勝一大北渓谷統廃合天妃山磯原節炭田天妃

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯原の関連情報