北茨城市(読み)きたいばらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北茨城〔市〕
きたいばらき

茨城県北東端,福島県との県境にある市。西部に阿武隈高地が連なり,東部は太平洋に面する。1956年磯原町,大津町,平潟町と南中郷村,関南村,関本村の 3町 3村が合体して市制。かつては常磐炭田の有力な産炭地であったが,すべて閉山された。旧産炭地の工業化が進められ,磯原工業団地が建設された。大津港,平潟港を中心に水産業が営まれる。詩人野口雨情の生家がある。五浦海岸(いづらかいがん)には岡倉天心ゆかりの六角堂があったが,2011年東北地方太平洋沖地震に伴う津波により流失した。花園花貫県立自然公園に属する。JR常磐線,国道6号線が通り,常磐自動車道インターチェンジがある。面積 186.8km2。人口 4万4412(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北茨城市の関連情報