コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯松 イソマツ

デジタル大辞泉の解説

いそ‐まつ【×磯松】

磯辺に生えている松。
イソマツ科の多年草。暖地の海岸に生え、高さ約15センチ。小低木状で、茎の古い部分はクロマツの幹に似て、へら形の葉が茎の頂に群がってつく。8、9月ごろ、淡紫色の花を穂状につけるので、いそはなびともいう。イソマツ科にはアルメリアスターチスなども含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いそまつ【磯松】

海岸、また池の岸に生えている松。
イソマツ科の低木状の多年草。暖地の海岸に生える。高さ10センチメートル 内外。茎は太くクロマツの樹皮に似る。葉は厚くへら形で茎頂に密生する。八月頃淡紫色の小花を複穂状に多数つける。イソハナビ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

磯松 (イソマツ)

学名:Limonium wrightii var.arbusculum
植物。イソマツ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

磯松の関連キーワード穴山 勝堂穴山勝堂海賦文内外樹皮海岸暖地小花