コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田嵩山 いそだ すうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯田嵩山 いそだ-すうざん

1730-1811 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)15年生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)の右筆(ゆうひつ)。青蓮院(しょうれんいん)流で,門人が1000人にも達したという。子の石室,東郭も藩の右筆をつとめた。文化8年2月2日死去。82歳。名は鎮卿。字(あざな)は子成。通称は雄介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磯田嵩山の関連キーワード江村如圭前古典派音楽厚生新編坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記働く親と学童保育先物取引

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone