コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯野治左衛門 いその じざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯野治左衛門 いその-じざえもん

1809-1870 江戸時代後期の武士。
文化6年生まれ。越後(えちご)(新潟県)糸魚川(いといがわ)藩士。安政6年留守居役見習となり,藩主松平直静(なおやす)につかえ,のち御用人をかねる。慶応2年監察の林次郎太郎とともに用人菅野典の不正を摘発したが,国家老によって閉門に処された。明治2年林の子孫六が菅野らを殺害した事件(林騒動)に連座して禁固刑をうけ,次郎太郎は死刑となった。明治3年死去。62歳。名は為渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

磯野治左衛門の関連キーワードカルル13世フィンランド文学普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史ベートーベンマディソンオールコッククーパー

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android