コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

示導 じどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

示導 じどう

1286-1346 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)9年生まれ。比叡(ひえい)山の相実,良祐らにまなぶ。のち浄土宗に転じ,鎌倉の覚空仏観,山城(京都府)三鈷(さんこ)寺の玄観に西山派の教義をまなぶ。さらに派祖証空の教えを研究し,本山流をたてた。元亨(げんこう)3年(1323)三鈷寺をつぎ,後醍醐(ごだいご)天皇の戒師となった。貞和(じょうわ)2=興国7年9月11日死去。61歳。号は康空。著作に「観無量寿経四帖疏康永抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

示導の関連キーワードカバレリア・ルスティカーナさまよえるオランダ人ヘンゼルとグレーテルオペラ(舞台芸術)ニーベルングの指環シャルパンティエローエングリンライトモチーフワーグナー南北朝時代実導弘安金鶏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android