コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼冠 ライカン

大辞林 第三版の解説

らいかん【礼冠】

律令制で、皇太子・親王・諸王および五位以上の諸臣が、朝賀または即位の大儀に礼服らいふくとともに着用した冠。位階に応じて差があり、漆地の冠に透かし彫りの金環をはめ、金鈴・珠玉を飾った。礼服冠。玉冠。れいかん。

れいかん【礼冠】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の礼冠の言及

【冠】より

… 冠制で制定された冠は,《日本書紀》によると頂上をとりまとめて袋のようにし,縁をつけたものとあるから,髻(もとどり)の上からかぶり,そこを上からしぼり結んだものであったろう。この冠は位階によって区別があり,徳冠は紫,仁冠は青,礼冠は赤,信冠は黄,義冠は白,智冠は黒の色を用いた。その後647年(大化3)には従来の絁(あしぎぬ)製であったものを錦と絹との2種類とし,織冠,繡(しゆう)冠,紫冠,錦冠の4種は錦製,青冠,黒冠,建武冠の3種は絹製で,縁には冠と違った別裂(きれ)をつけ,背には漆塗の羅(ら)を張った蟬(かざりぐし)のようなものをつけた。…

※「礼冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礼冠の関連キーワード冠(かんむり)三山冠被り物律令制宝髻冕冠五礼即位朝賀金鈴位階漆地

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android