コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼肥 れいごえ

2件 の用語解説(礼肥の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

れいごえ【礼肥】

果実の収穫直後に施す肥料。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礼肥
れいごえ

果実の収穫直後、果樹に施す肥料のこと。果実の収穫に対するお礼の肥料という意味であり、果実の肥大による樹体の衰弱をいやし、翌年の成長に必要な貯蔵養分をできるだけ多く樹体内に蓄積させる目的で行われ、速効性肥料が用いられる。ビワでは5、6月ごろ、モモでは8、9月、ナシでは9、10月、ミカンでは晩秋に施される。同様の目的で、花木の開花後にも施されている。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

礼肥の関連情報