コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会責任会計 しゃかいせきにんかいけいaccounting for corporate social responsibility

1件 の用語解説(社会責任会計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会責任会計
しゃかいせきにんかいけい
accounting for corporate social responsibility

従業員,消費者,地域住民などに対する企業の社会的責任の履行状況に関して財務情報を提供する目的で行なう会計。企業会計主として株式や債権者など企業に対して資金提供を行なった人々への財務報告を目的としてきたが,近年,企業の社会的責任が強調されるに伴い,この会計が重要視されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の社会責任会計の言及

【会計学】より

…(3)環境会計 企業が環境を保全し,社会的責任を遂行していく状況を会計的に測定し,情報化して開示しようとするもの。企業の環境保全努力の情報化に着目して環境会計とよぶが,社会責任遂行状況の会計情報化から社会責任会計ともいう。(4)リース会計 リース産業の発達により,企業が固定設備資産を購入することなく,リース契約に従ってこれを利用することが広く行われていることに呼応して,リースに関する会計が問題になっている。…

※「社会責任会計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone