コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社内教育 しゃないきょういく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社内教育
しゃないきょういく

企業内で従業員に施される教育訓練のこと。新入社員から上級管理者までを対象とし,各階層,職種に応じて必要な知識技能,態度などが教えられる。最近では,問題の発見や解決の手法,創造性開発などより一般的な能力の開発,あるいはキャリア・ディベロップメント・プランに則してより長期的,個別的な視点に立った教育が重視されるようになってきた。個人の能力の十全なる発揮とその統合によって企業の業績を向上させることが目的である。新入社員を対象とする新人教育では,一般にその企業の構成員となるために必要な基本的知識,経験,技能,慣行などが教えられるが,特に企業人としての自覚や協調性を高めることに重点がおかれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社内教育の関連キーワードアンガーマネジメント独立業務請負人池田祐子経営教育

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社内教育の関連情報