祇丞(初代)(読み)ぎじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祇丞(初代) ぎじょう

?-1763 江戸時代中期の俳人。
江戸浅草蔵前で札差(ふださし)業をいとなむ俳諧(はいかい)を江戸座の宗匠清水超波(ちょうは)にまなび,存義側(ぞんぎがわ)の点者をつとめた。宝暦13年死去。姓は三上別号に須叟庵,深月庵,浮山水。編著に「ひとりすまふ」「田植唄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android