コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇丞(初代) ぎじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祇丞(初代) ぎじょう

?-1763 江戸時代中期の俳人。
江戸浅草蔵前で札差(ふださし)業をいとなむ俳諧(はいかい)を江戸座の宗匠清水超波(ちょうは)にまなび,存義側(ぞんぎがわ)の点者をつとめた。宝暦13年死去。姓は三上別号に須叟庵,深月庵,浮山水。編著に「ひとりすまふ」「田植唄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祇丞(初代)の関連キーワード俳人

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android