コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐国寺鉄塔 ゆうこくじてっとうYòu guó sì tiě tǎ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうこくじてっとう【祐国寺鉄塔 Yòu guó sì tiě tǎ】

中国,河南省開封市内北東部にある塔。単に鉄塔とも簡称される。寺は五代後晋の創建で,北宋の乾徳年間(963‐967)に当地に移ったという。塔は北宋の1049年(皇祐1)の建立で,北宋初期に喩皓(じゆこう)が建てた開宝寺福聖院の木塔が焼失した5年後,仁宗の下勅により同塔を模して建設されたものと伝え,明代の修理をへている。8角13層,楼閣式で内部にらせん状の階段が上層まで通ずる。外壁に黒褐色琉璃塼を嵌(は)め,柱,桁,垂木,斗栱(ときよう),腰組などの部材と,飛天,獅子,草花など種々の文様を浮彫しており,その外観から鉄塔の名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android