コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐国寺鉄塔 ゆうこくじてっとう Yòu guó sì tiě tǎ

1件 の用語解説(祐国寺鉄塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうこくじてっとう【祐国寺鉄塔 Yòu guó sì tiě tǎ】

中国,河南省開封市内北東部にある塔。単に鉄塔とも簡称される。寺は五代後晋の創建で,北宋の乾徳年間(963‐967)に当地に移ったという。塔は北宋の1049年(皇祐1)の建立で,北宋初期に喩皓(じゆこう)が建てた開宝寺福聖院の木塔が焼失した5年後,仁宗の下勅により同塔を模して建設されたものと伝え,明代の修理をへている。8角13層,楼閣式で内部にらせん状の階段が上層まで通ずる。外壁に黒褐色琉璃塼を嵌(は)め,柱,桁,垂木,斗栱(ときよう),腰組などの部材と,飛天,獅子,草花など種々の文様を浮彫しており,その外観から鉄塔の名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祐国寺鉄塔の関連キーワード河南省河南鈞窯神秀開封清涼山清明上河洛水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone