コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐宜 ゆうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐宜 ゆうぎ

1536-1613* 戦国-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)5年生まれ。真言宗紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)において日秀,頼玄らにまなぶ。郷里下野(しもつけ)(栃木県)にかえり,金剛定寺の住持となり,講義をおこなう。慶長11年京都智積院(ちしゃくいん)2世となった。慶長17年11月11日死去。77歳。俗姓深沢。字(あざな)は長善。著作に「理趣経秘伝鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祐宜の関連キーワード天文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android