コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐宜 ゆうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐宜 ゆうぎ

1536-1613* 戦国-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)5年生まれ。真言宗。紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)において日秀,頼玄らにまなぶ。郷里下野(しもつけ)(栃木県)にかえり,金剛定寺の住持となり,講義をおこなう。慶長11年京都智積院(ちしゃくいん)2世となった。慶長17年11月11日死去。77歳。俗姓は深沢。字(あざな)は長善。著作に「理趣経秘伝鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐宜の関連キーワードヘンリー(8世)ロマノフ朝ロマノフ朝長尾為景少弐資元タリコナヘンリー8世恩寵の巡礼ブラチスラバ宗教改革史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone