コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐常 ゆうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐常 ゆうじょう

1723-1773 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)8年生まれ。二条吉忠の子。天台宗。聖護(しょうご)院の忠誉入道親王について出家。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺円満院門跡(もんぜき),寛保(かんぽう)2年(1742)同寺長吏。円山応挙をまねいて画をまなぶとともに応挙の後援者となり,「七難七福図」などおおくの作品をえがかせた。安永2年11月2日死去。51歳。別号に月渚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祐常の関連キーワード円満院祐常惟成親王

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android