コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐常 ゆうじょう

1件 の用語解説(祐常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐常 ゆうじょう

1723-1773 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)8年生まれ。二条吉忠の子。天台宗。聖護(しょうご)院の忠誉入道親王について出家。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺円満院門跡(もんぜき),寛保(かんぽう)2年(1742)同寺長吏。円山応挙をまねいて画をまなぶとともに応挙の後援者となり,「七難七福図」などおおくの作品をえがかせた。安永2年11月2日死去。51歳。別号に月渚。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐常の関連キーワードサン・シモン小沢蘆庵合田求吾ティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱阪神高速道路会社魚町商店街火災池大雅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祐常の関連情報