コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖道宗心 そどう そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖道宗心 そどう-そうしん

1638-1683 江戸時代前期の僧。
寛永15年生まれ。はじめ播磨(はりま)(兵庫県)竜門寺で臨済(りんざい)宗の盤珪永琢(ばんけい-ようたく)に師事,のち加賀(石川県)曹洞宗(そうとうしゅう)大乗寺月舟宗胡(げっしゅう-そうこ)の法をついだ。美濃(みの)(岐阜県)宝鏡山にはいったのち,摂津住吉(大阪府)興禅寺の住職となる。天和(てんな)3年8月25日死去。46歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祖道宗心の関連キーワード伊藤仁斎ルイ(14世)ペドロ2世[ポルトガル王]オイゲンオイゲン[サボイ公]算額人見懋斎人見竹洞マリ・テレーズクープラン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone