コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖道宗心 そどう そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖道宗心 そどう-そうしん

1638-1683 江戸時代前期の僧。
寛永15年生まれ。はじめ播磨(はりま)(兵庫県)竜門寺で臨済(りんざい)宗の盤珪永琢(ばんけい-ようたく)に師事,のち加賀(石川県)曹洞宗(そうとうしゅう)大乗寺月舟宗胡(げっしゅう-そうこ)の法をついだ。美濃(みの)(岐阜県)宝鏡山にはいったのち,摂津住吉(大阪府)興禅寺の住職となる。天和(てんな)3年8月25日死去。46歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祖道宗心の関連キーワード宗心

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android