祝い唄(読み)いわいうた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝い唄
いわいうた

日本民謡分類上の一種目。人々がなにか行動をおこすとき、その成功とその過程における身の安全などを願って神々に祈る際に捧(ささ)げる唄。唄を捧げる場としては、大きく二つに分けられる。一つは行動をおこす以前に神々に祈願して行うもの、もう一つは行動が終了してからその成果を感謝して行うものである。正月や婚礼の祝い唄は前者であり、「大漁節(たいりょうぶし)」などは後者である。また年中行事唄のようになっているものも、本来は前者で、ただそれが暦と結び付いて定期的になったものである。祝い唄の特徴は、歌詞に、めでたさをたたえ、こうありたいという願望のようなものを並べたり、神々の力を褒めたたえることで、神々に暗示を与えようとする傾向があることである。曲はゆっくりしたもので、折り目正しく、格調あるものが好まれる。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祝い唄の関連情報