コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漁節 タイリョウブシ

4件 の用語解説(大漁節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいりょう‐ぶし〔タイレフ‐〕【大漁節】

大漁を祈願し、祝うときに歌われる民謡。各地にあるが、千葉県銚子のものが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大漁節【たいりょうぶし】

日本民謡の曲名。大漁の祝いや祈願に歌われる。全国に各種の歌があるが,幕末に作られた下総(しもうさ)銚子の《大漁節》や東北三陸沿岸の《大漁歌い込み》などが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいりょうぶし【大漁節】

民謡の曲名。大漁の祝歌(いわいうた)で日本の沿岸各地に広く分布する。最も有名なのは千葉県銚子の《大漁節》で,イワシの豊漁でわいた1864年(元治1),大漁を記念して網元の網代久三郎松本旭江石毛利兵衛の3人が数え歌形式の歌詞を10番作り,常磐津の師匠の遊蝶が作曲した。一番の歌は〈一ツトセー,一番ずつに積みたてて,川口押し込む,大矢声,エーコノ大漁船〉で,終りの囃しことばを〈ああ大漁だね〉と歌うこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいりょうぶし【大漁節】

民謡。漁村で、大漁を祝ったり祈願したりするときにうたう唄。千葉県の「銚子大漁節」「大漁唄い込み」など。大漁歌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大漁節の関連キーワード祝い歌・祝い唄・祝歌・祝唄米の祝い祝歌産着の祝賀の祝喜の祝魚味の祝後喜の祝下帯の祝祝歌(祝唄)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大漁節の関連情報