コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝儀花 シュウギバナ

2件 の用語解説(祝儀花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎ‐ばな〔シウギ‐〕【祝儀花】

めでたい席に生ける花。常緑樹、特に松などが用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝儀花
しゅうぎばな

祝い事の席に用いるいけ花。歴史的には室町時代江戸時代との祝い事の意味に違いがあり、前者はさまざまな祝い事の総称の意味合いがあるが、後者は一般的に婚礼に限られる。室町時代の祝言には、在家は御成(おな)り、婿嫁取り、出家は初めて髪を剃(そ)るとき、仏閣仏像供養などが含まれている。花材としてはその季節のものを中心とするが、季節のものが求めにくい場合は、常緑樹、なかでも松が用いられる。花材は、すなおで、枯れ枝、枯れ葉、破れ葉などのないものを選ぶ。形式としては、立花では相生(あいおい)真、合せ真、二つ真、松竹梅、極真立て、松一色などで、生花においては真の花形を用いる。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝儀花の関連キーワード常緑樹おめでた茶花めでたくなるめでたしめでたし御目出度い釣花生け瓶花目出度いめでたくかしく

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone