コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝儀花 シュウギバナ

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎ‐ばな〔シウギ‐〕【祝儀花】

めでたい席に生ける花。常緑樹、特に松などが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝儀花
しゅうぎばな

祝い事の席に用いるいけ花。歴史的には室町時代と江戸時代との祝い事の意味に違いがあり、前者はさまざまな祝い事の総称の意味合いがあるが、後者は一般的に婚礼に限られる。室町時代の祝言には、在家は御成(おな)り、婿嫁取り、出家は初めて髪を剃(そ)るとき、仏閣仏像供養などが含まれている。花材としてはその季節のものを中心とするが、季節のものが求めにくい場合は、常緑樹、なかでも松が用いられる。花材は、すなおで、枯れ枝、枯れ葉、破れ葉などのないものを選ぶ。形式としては、立花では相生(あいおい)真、合せ真、二つ真、松竹梅、極真立て、松一色などで、生花においては真の花形を用いる。[北條明直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祝儀花の関連情報