コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御成 おなり

大辞林 第三版の解説

おなり【御成】

宮家・摂家・将軍など、高貴の人を敬ってその外出・到着をいう語。 「上様の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御成の言及

【御成始】より

…皇族,摂家,将軍などの出行,来着を御成といい,将軍年初の出行を御成始と称した。御行始ともいう。…

※「御成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御成の関連キーワード亥の子餅・亥の子餠青森県むつ市田名部大門(埼玉県)岩淵(東京都)でんぶ(田麩)鳩ヶ谷[市]鳩ヶ谷〈市〉千葉県東金市今小路西遺跡埼玉県幸手市埼玉県川口市小野川温泉年貢割付状白岡[町]巌松斎一鵰日光杉並木成り・為り川口[市]岩槻[市]本間美術館

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御成の関連情報