コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝日・休日 しゅくじつ・きゅうじつ

1件 の用語解説(祝日・休日の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

祝日・休日

祝日とは政府が定めた「日本国民の祝祭日」のことです。一方休日とは、業務・営業・授業などを休む日のことです。前者が一年の行事としてあらかじめ決められているのに対し、後者は個人が「お店を休む日」など自由に決めることができます。1999年には休日法の改正によって、ハッピーマンデー制度が制定されました。これにより、土・日・月と休日を連続させるために、いくつかの祝日が月曜日に移行しました。2005年4月現在、国民の祝日・休日は計15日あります。「元日(1月1日)・成人の日(1月第二月曜)・建国記念の日(2月11日)・春分の日(3月の指定日)・みどりの日(4月29日)・憲法記念日(5月3 日)・国民の休日(5月4日)・こどもの日(5月5日)・海の日(7月第三月曜)・敬老の日(9月第三月曜)・秋分の日(9月の指定日)・体育の日(10 月の第二月曜)・文化の日(11月3日)・勤労感謝の日(11月23日)・天皇誕生日(12月23日)」です。皆さんはいくつ知っていましたか?「休日・祝日」のカテゴリではこの15の祝日や休日について、本来の意味、由来・豆知識などを紹介していきたいと思います。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝日・休日の関連キーワード紀元節憲法記念日祝祭日体育の日新嘗祭みどりの日国民の祝日祝祭祝日国民の休日

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祝日・休日の関連情報